読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妾(わたし)の感想日記

徹頭徹尾女(自分)目線の感想文

臨月です

「妊娠日記をつけなくては」云々と書いてから数か月、本日妊娠38週となりました。

つまり臨月です。というか正産期?です。お腹の子は2900グラム程度に成長し、右肋骨に足をえぐりこんできます。高齢妊婦のわりには順調に推移しているようで、トラブルといえば36週あたりでいったん坐骨神経痛らしきものになった(1週間ほどで軽快)のと、ここ数日少し足がむくむことくらいか。

 

予定日まであと2週間、こないだの検診では子宮口も開かずお腹も下がらず、まったく生まれる気配がありません。「全然だね!もう0点って感じ!」とお医者さんがおっしゃる。

正産期に入るまでは胎児をお腹にキープすることを至上命題にされてきたのに、37週に入ったら同じ状態がいきなり「0点」となる。で、しっかり歩いてお腹を張らすようにと、これまでとは正反対のアドバイスを受けるのです。

 

このように妊婦になると、とたんに医療・行政・世間様から、あれを食えとか食うなとか、あれをしろとかするなとか、指導を受ける頻度が爆発的に増えます。それでしばしば「勝手なことばっか言うなよ!人を何だと思ってるんだよ!」とやさぐれることもありました。

(なお、グレたくなるご指導の筆頭は「なるべく仕事をセーブしろ」とか「よく休め」とかいうやつです。できるもんなら妊娠してなくてもやってるよねと)

 

何だと思ってるって、「産む機械」ですよね、言うまでもなく。安全に産む機能を全うさせるため、圧倒的に母体に依存している赤ん坊を無事に育て上げるために、社会は妊婦にさまざまな指導を与えるのです。

というのは拗ねて言っているんじゃありません。かわいいわが子のためならば、でき得る限り最高の産む機械になってやろうじゃないかと気持ちはあります。でもたまに、ぐれてあんドーナツ食べたりコーヒー飲んだりしてます。家事も運動しないでゴロゴロしてるときもあります。

妊婦は腹減るし疲れやすいんだよ!!と一人ジタバタしたり、やっぱり罪悪感に駆られてがんばっちゃったりとか、そういう妊婦生活。

 

ここまで、会う方会う方「妊婦生活楽しんでね!」と言ってくださったのですが、なんだかここまで上のような感じで不安定に突っ走ってしまいました。

外出が必要な仕事が一段落したのは1か月ちょっと前。しかしその後もずっとバタバタしておりました。出産の準備と一口に言いますが、これほどに多岐・多数のタスクがあるとは。今日初めてなんとなく、もうあとは野となれ山となれで生まれるのを待つだけ、という気分になりました。あと2週間、ゆっくりできるかな。

 

一連の「準備」のなかで一番たいへんだったのは、3年半夫婦2人だけで暮らしてきた自宅を整理して、赤ん坊+お客を収容できるようにするというミッションです。今回は里帰りはせず、実母にわが家へと泊まり込んでもらい、手伝ってもらいます。そのため、これまでところどころ意味不明の荷物で潰れていたわが家を大整理し、最低限見苦しくないようにする必要がありました。

あるものは捨て、あるものは引き取り先を探して持ち込み、あるものは新しく導入した収納家具に入れ…を繰り返した1か月。その結果、これまで「(整理できてない)ガレージ」がテーマだったわが家が、かなり「家庭」らしくなったと思います。

やっぱり家ってのは出入りがあって、外の目線にさらされないとだめだな。夫婦がそれぞれ仕事と趣味の用具を何も考えずに積み上げていくだけの家、というのも気楽でよかったんですけどね。人生が次のステップに入ったんだなと実感しました。

 

それ以外にもこの1か月、赤ちゃんグッズの準備、こまごました仕事の始末、子どもが生まれてからのスケジュールと預け先の調整、奨学金返済猶予の手続き(←いわゆる産休育休ではないので)などが同時進行し、なかなかにハードでした。ちょっと赤ちゃんグッズの手作りとかしたいよねとか考えちゃったのも、自業自得というかアレでした。

意外と精神的リソースを食われたのは、実家の親を呼ぶにあたっての配慮です。それなりの歳である両親にできるだけストレスを与えないよう、間取りをどう使うか、自由に動いてもらうためには何が必要か、事前にどんな打ち合わせがいるか等、いろいろ頭を使いました。

 

お腹の子が出てくるまで、これまでの妊婦体験を少しまとめておこうと思います。